< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセスカウンタ

2010年01月17日

1968少年玩具~小峯隆生先生



 先日出展したBHの二日目、会員さんとの3人で2階へ入ると「おー帰って来てくれたのかー!」と物凄い声。一目で分かった。コミネさんだ。どうやら本を売っているようだ。タイトルは「1968少年玩具」。ああ、コンバットに連載している・・・実は毎回読んでます。ご挨拶して買わせて頂く。当然サインも。



「実は拳銃王も拳銃将軍も持ってます」「おおー!で好きな銃は?」「チーフの3インチでお願いします」「確かチーフは・・・M36だよな」。ついでにエングレ倶楽部の名刺も渡す。2階ブースを一周回って出ようとする、「おおーい!支配人!権限であとの二人にも買わせろよー」「すみません、名ばかり支配人なんで」。こんなファーストコンタクト。さすがコミネさんだ!



昭和50年生まれの小生はプレイボーイやオールナイトニッポンで活躍されたというコミネさんは知らない。つい5年ほど前にその存在を知ったくらいだ。ある日、ふと思い立ってGUNに関する書籍を探してみると日本語の書籍は絶版も多く、数が少ない。光人社の文庫本で見つけた「拳銃王」と「拳銃将軍」、「読む射撃」と銘打ったこの2冊を社用車のダッシュボードに入れ、空いた時間にクスクスと読んだ。モデルガン少年と師匠(最近亡くなったテッド・アライ師匠)とのボケ突っ込み。一気にファンになった。ちなみに初めて行った夏のBH、剣道着姿のコミネさんが通り過ぎていくのを見て「うわー生コミネだー」と一人喜んでました。


なので、トイガン誌に「小峯隆生ができるまで」と書いてあれば思わず読んでしまう。大好きなモデルガンがブームだったというあの頃、小生にとっては夢のような活気ある時代、その当時を知る方々の話を聞くのは今も大好きである。単なるノスタルジー?いや、モデルガンは単なる玩具ではなく文化だ!万博にもパビリオンを出したじゃないか!そんな熱い気持ちを気概を感じながら「21世紀少年」を読むように読ませて頂きました。









同じカテゴリー(◆トイガン専門誌)の記事画像
月刊GUN1963年8月号・広告編
月刊GUN1963年8月号
全日本BLK化計画
ROCKENカタログ
昨日のハイパワーの写真・・・
ナカタコレクション
同じカテゴリー(◆トイガン専門誌)の記事
 月刊GUN1963年8月号・広告編 (2010-02-22 21:00)
 月刊GUN1963年8月号 (2010-02-21 21:00)
 全日本BLK化計画 (2010-02-20 21:00)
 ROCKENカタログ (2010-02-18 21:00)
 昨日のハイパワーの写真・・・ (2010-02-12 21:00)
 ナカタコレクション (2010-02-09 21:00)
この記事へのコメント
こんばんは

小峰さんのオールナイトニッポン懐かしい(^o^)
当時は週刊プレイボーイの記者でしたよね?
第1回目の放送は衝撃でした。
なんたって第一声が『まん○ミネのオールナイトニッポン!』でしたからから(・・;)
危な過ぎる下ネタが具だくさんな放送でした(笑)
Posted by JBの愚息 at 2010年01月17日 21:12
>JBの愚息さん
今だったら予約してでも聞いたと思うんですが、当時はマルイのエアコキでも「強力やん」とか思ってました。それにしてもコミネさん、今でもエネルギッシュですねぇ。
Posted by So-SuiSo-Sui at 2010年01月17日 21:29
So-SuiさんこんばんWA

自分は中学の頃MGCのピンガン買って以来、30過ぎるまでトイガンご無沙汰でしたぁ(・・;)
Posted by JBの愚息 at 2010年01月17日 22:02
こんばんは

サイン、嬉しいですね!こちらも傑作ですね~。
私も著作をいろいろ読ませてもらっているファンの一人です。今回私もサインをいただけてとても嬉しかったです。

ちょうどコミネさんと床井さんがお話しているときに居合わせたので両氏ともお話できて光栄でしたよ。
Posted by キノハナ at 2010年01月19日 02:24
>キノハナさん
おお~キノハナさんもお買い上げになりましたか。モデルガンに関する著作って少ないですものね。3丁目の夕日に続いてどこかで映画とかアニメになりませんかねぇ。
Posted by So-SuiSo-Sui at 2010年01月19日 12:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。